サイトメニュー

最新情報

渋沢平九郎(渋沢史料館蔵)

渋沢(尾高)平九郎とは

 弘化4年(1847)、武蔵国榛沢郡下手計(現在の深谷市下手計)の名主尾高勝五郎の末子として生まれ、兄の惇忠や長七郎、従兄の渋沢成一郎、渋沢栄一らの影響を受けて育ちました。性格は温厚、 沈着で勇気や決断力があり、所作は美しく色白で長身、腕力があると評されています。
 慶応3年(1867)、渡欧する義兄栄一の見立養子(跡継ぎ)となった平九郎は、江戸に出府し日本 橋本銀町で、幕臣としての生活を始めます。翌年には、徳川慶喜の復権を図るべく成一郎が組織した彰義隊に参加し、その後、惇忠や成一郎と隊を離脱して新たに振武軍を結成しました。
 同年5月、振武軍は上野戦争で壊滅した彰義隊の残党を合わせて飯能町(現在の埼玉県飯能市) に入りました。23日未明から新政府軍と戦闘を開始しますが、相手の圧倒的な兵力を前に惨敗し振武軍は四散、敗走しました。惇忠や成一郎とはぐれた平九郎は、飯能と越生の境にある顔振峠から黒山村(現在の越生町黒山)に下りてきたところを広島藩の斥候に見咎められ、3人を相手に奮戦後、最期を悟り自刃しました。享年22(満20才)でした。

渋沢平九郎自決の地(町指定旧跡)

渋沢平九郎自決の地・渋沢平九郎の墓

渋沢平九郎自決の地(町指定旧跡)

 平九郎が座して最期を遂げた「自刃岩」の傍らの茱萸は、平九郎の血の色を宿すような真っ赤な実をつけることから、「平九郎ぐみ」と呼ばれています。
 昭和29年(1954)には、「澁澤平九郎自決之地」の碑が建立されました。題字は栄一の孫で財界人・民俗学者の渋沢敬三です。裏面の撰文と書は、埼玉県文化財専門調査委員の山口平八によるものです。
 平九郎の首は刎ねられて今市村(現在の越生市街地)に晒され、骸は黒山村の全洞院に埋葬されました。全洞院の住職は白木位碑に「大道即了居士」「俗名不知 江戸之御方而候 於黒山村打死(俗名知らず、江戸の御方にて候、黒山村にて打死)」と記しました。人々は壮絶な最期を悼み、「脱走のお勇士様(だっそ様)」と呼び、首から上の病に効く神様として崇めました。
 明治6・7年、平九郎の遺骸が東京谷中の渋沢家墓地に改装された後、全洞院に「澁澤平九郎之墓」の墓石が建立されました。
 栄一は明治32年と45年の2回、渋沢平九郎自決の地と全洞院を訪れています。

澁澤平九郎之墓(全洞院)

渋沢平九郎自決の地を訪れた栄一一行

全洞院の平九郎の墓に詣でる栄一一行

澁澤平九郎之墓(全洞院)

渋沢平九郎自決の地を訪れた栄一一行

全洞院の平九郎の墓に詣でる栄一一行

澁澤平九郎埋首之碑(法恩寺)

澁澤平九郎埋首之碑

澁澤平九郎埋首之碑(法恩寺)

 今市村では、横田佐平と島野喜兵衛が密かに首を法恩寺に埋葬しました。
 昭和39年(1964)、法恩寺境内に「澁澤平九郎埋首之碑」が建立されました。題字は栄一の甥で電気工学者の渋沢元治です。
 裏面の撰文と書は、「澁澤平九郎自決之地」の碑と同じ深谷市の山口平八(埼玉県文化財専門委員) によるものです。「…その胴体は全洞院に葬られ首級は別に梟されしが里人これを憐れみ密かに法恩寺に埋むすなわち此の地にして後日お首さまと稱されて郷人の信仰を厚くせり…」と記されています。

トップへもどる